ブログトップ

亀仙人のチェリボな日々、エピソード3

初宮崎県!高千穂ライド、後篇

高千穂ライドの続きです。

「天の岩戸神社」を出発すると、「ひむかのくろうま」で有名な神楽酒造の前を通過。
試飲したい誘惑を振り切り下っていると、今回唯一の国道218号を左折。
f0229250_174638100.jpg

すぐに大きなアーチの雲海橋に到着。
f0229250_17465019.jpg

ここも下を見るとキューとなりますね。
f0229250_174732.jpg

橋を渡った「レストラン雲海橋」が今日の昼食会場です。
12時30分と混みあう時間帯でしたが、タイミングよく着席できました。
f0229250_17485067.jpg

ログハウス風の店内に、民芸風な置物、お土産コーナーもある昭和なドライブインで、
おじさんは落ち着きます(笑)
f0229250_17475273.jpg

開店40周年メニューや
f0229250_17481432.jpg

宮崎牛メニューも気になりますが、
f0229250_17483371.jpg

宮崎県を初訪問なので、念願のチキン南蛮定食(胸肉)を注文。
料理が運ばれるまで、同日開催のTD沖縄での皆さんの活躍のお話で盛り上がります。
f0229250_174975.jpg

コーンが入ったご飯、たっぷりの千切りキャベツ、やさしい味の味噌汁、
チキン南蛮は、タルタルソースでなかったので、びっくりしました(@@)
ご飯がお代わりできるそうですが、この後の長い上り坂が頭を横切り我慢しました。

13時30分お店を出発し、しばらく高速を進み、ファミマに入ります。
今後に備えて、チョコパン&バームゼリーを買い込み、眠気覚ましにアイスコーヒーを飲みます。
気温も上がってきたので、アームカバーとレッグカバーを外してスタート。

日之影町から左折して、県道6号線へ。
急坂を下って、巨大な青雲橋をくぐり、川沿いを進みます。
水力発電を横目に、くねくねした道を進みます。
いつ急坂が現れるかドキドキしながらも、2%前後の傾斜の道が続きます。
f0229250_1819765.jpg

戸川岳の麓「石垣の村」に到着です。
f0229250_1819314.jpg

まるでマチュピチュみたいな石垣と倉庫です(@@)
f0229250_18194848.jpg

生活の知恵が詰まったようなエリアなので、今度はゆっくり見学してみたいですね。

ここでチョコパンを補給して、先行する皆様を追いかけますが、
なんだかロッキーさんの様子がおかしいです。ハンガーノックかと思えば、体が重いらしい。。。
しばらく一緒に進みますが、どうも様子がおかしいので、自転車を止めて確認すると、
なんとリアホイールにブレーキシューが当たっているではありませんか(><)
昨日組み上げたばかりの新車ですが、その時とホイールを変えたので、当たったようです。
とりあえずの調整をして、再出発。
f0229250_1820277.jpg

かもしかの森キャンプ場で休憩です。
ヒデさんはロングウエアに対し、とくさんは半そで半パン。
私も今までは半そで半パンでしたが、だいぶ標高が上がったので、
アームカバーとレッグカバーを装着。

時計を見るとすでに16時近くなので、日が落ちてしまう前にできるだけ進みたいのに、劇坂が続きます。
f0229250_18392971.jpg

暗くなる前に紅葉の写真を撮影したかったので、
f0229250_18395421.jpg

先行してヘアピンの先から皆さんをパチパチ。
f0229250_18401960.jpg

f0229250_18421240.jpg

f0229250_18403461.jpg

f0229250_197415.jpg

ここからもうしばらく上ったところにトンネルがあり、杉が越に到着。

下りに備えてウインドブレーカーを着て、トンネルを進みます。
大分県に戻って、紅葉を見ながら進んで、金、銀、銅、錫(スズ)、鉛、亜鉛、ヒ素など多くの鉱物が採取されていた木浦鉱山を通過。ここも気になりますね~。

下っていると、先行された方がビニール袋にジュースを持っています。
どうしたのかと思ったら、地元の方からいただいたそうです。
このカルピスウォーターは、冷えていませんでしたが、上りの途中で何度も助けられました。
もしかして、地元の神様かもしれませんねv(^^)

最後の梅津越は、もう真っ暗で何も見えません。
下る準備でモタモタしている間に一人になってしまい、暗闇の林道を延々ソロで進みます。
集落に出る前にはお墓もあるし、相当怖くて、いつもは鼻歌なのですが、ずっと念仏を唱えながら走りました(涙)
稲積水中鍾乳洞の明かりが見えますが、窓に映る人影が逆に怖かったです。

分かれ道で皆さんが待ってくれていて、合流できた時は本当にうれしかったです。
ここで気が緩んでしまったのか、最後の激坂で腰が痛くなり、足をついてしまいました。
すると、ヒデさん、イボ兄さんも脚が攣ったそうで、3人でコーラを補給して戻りました。

車に積み込んで、大分市内のランプの湯へ。
きつかった一日を思い出しながら、脚や腰をモミモミ。
入浴後の夕食は、疲労回復を願って、
f0229250_18533371.jpg

20時45分とちょっと遅い時間ですが、豚キムチ定食をいただきました。
再び、nossoriさんの運転で送っていただき、23時に帰宅できました。

いや~、期待以上の絶景と想像以上の劇坂に、一生の思い出ができました(笑)
おかげさまで、念願の高千穂を走ることができまたし、最後のコーラが最高でした。

これで、鹿児島県以外の九州各県を自転車で走ることができましたので、
いつか鹿児島県へ行くことができれば嬉しいですね~。

お付き合いいただきました皆様、何度も待っていただきありがとうございました。
またご一緒よろしくお願いします(^0^)/

11月13日の赤キャノサエコちゃん
走行距離   134.41km
平均速度   18.0km
最高速度   54.6km
走行時間   7時間27分
総走行距離  57908km
[PR]
トラックバックURL : http://kamepaapa.exblog.jp/tb/26902198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kamesenpapa | 2016-11-15 18:56 | 自転車 | Trackback | Comments(0)