27日は6時前に起床。
案の定、ほとんど眠れずに朝を迎えました(><)
淡い期待を込めて外を見ますが、結構な量の雨が降っています。

6時30分に食堂に行くと、同じような参加者の方がすでに着替えていました。
ホテルの朝食はトーストとコーヒーと聞いていたので、まったく期待していませんでしたが、
f0229250_22125952.jpg

サラダにベーコンソーセージ、ゆで卵にバナナまでワンプレートに乗っています。
嬉しい誤算に大満足して、部屋に戻り準備開始。
f0229250_22132280.jpg

7時30分すぎにチェックアウトして、会場へ。
雨にも関わらず、駐車場はすでに満車に近い状態でびっくりしました。

予定通りに雨対策をして、スタートゲートへ行きます。
8時50分すぎ、最後尾でスタート。
雨がまだ降っているので、滑らないように気を付けて走ります。

海沿いから、国道191号を横切り、県道34号~県道286号へ。
山沿いのアップダウンを繰り返す広域農道は、まだ体が温まっていないのできつい上に、
牧場の真横を通過するので、臭いがきつくて呼吸ができず、苦しかったです(汗)

県道281号へは、一旦回り込んで、交差点を通過。
f0229250_2213503.jpg

9時50分、スタートから16㎞の日置(へき)エイドに到着です。
総合運動公園の広い駐車場の一部にたくさんのバイクラックが設置されています。
f0229250_2214296.jpg

ここでは、すまし汁、ミニバーガー、ゆずゼリーとゆずをいただきます。
すまし汁にはつみれとゆずが入っていて、雨で冷えた体には染み入る温かさでした。

まだあまりお腹が空いていなかったので、すまし汁以外は後で食べることにして出発します。
しばらくは平坦な道を進みますが、いよいよ千畳敷へ延びる道へ。
去年の向津具半島ライドで、このあたりが一番きつい坂だったと記憶していたので、
軽いギアに入れてクルクル回して走ります。

すると、パンクした方が黒川さんにサポートを受けていたので、Uターン。
私もフロントがアウターに変速できなくなったので、調整していただきました。
更に、クランクボルトも緩んでいたようで、しっかりと増し締めしていただきました。
雨対策でたっぷりグリスを入れて締めたつもりでしたが、甘かったようです(感謝)

先行していたOさんがポスターで紹介されていた棚田で待っていてくださいましたm(__)m
f0229250_22152511.jpg

10時45分、このころには雨も上がってきたので、私も写真撮影。
下りの途中の交差点で、貴珍満さんとバッタリ。
サポートライダーでの参加だそうで、お疲れ様です。

去年の向津具半島ライドの逆回りで、県道357号~356号を進み、
f0229250_2216176.jpg

11時45分、スタートから41㎞の大浜エイドに到着です。
f0229250_22163641.jpg

海水浴場の駐車場に、海を背景にバイクラックが並んでいます。
f0229250_2217027.jpg

ここでは、焼き鳥・つくね・せんべい・チーズ蒲鉾をいただきます。
f0229250_2217342.jpg

雨はやみましたが、じっとしていると体が冷えてきますので、合羽はまだ着たままで再スタート。

油谷湾沿いの県道66号を進んでいると、残りの距離と時間が気になります。
サイクルトレインに乗り遅れるとまずいので、角島はパスしようかと思っていたら、
スーパーカブでサポート中のしんごさんから、まだ間に合うから頑張って励まされます。
スタートから47㎞の伊上交差点の関門は12時30分でしたが、無事にクリアして右折。

まだロングコースの先頭は来ていないよ~とのことでしたので、
Mさんとどこですれ違うかな?と思いながら進んでいると、なんと先頭グループですれ違います(@@)
後でお聞きしたら、プロ選手について走っていたそうで、素晴らしいですね!
その後のグループでは、貴珍満さんが集団を引いてしっかり仕事をしていましたv(^^)

昨日下見をした登坂車線をクリアしたら、阿川エイドが見えてきます。
たくさんの方が休んでいるのが見えましたが、通過して角島大橋を目指します。
f0229250_2219059.jpg

ローソンを右折して、右回りで進むと角島大橋を上から見る道へ。
f0229250_22192854.jpg

お約束の写真を無事に撮影したら、駐車場のトイレへ。
すると、サコッシュI店長とバッタリ!
お客様のサポートでの参加だそうで、雨の中お疲れ様です。
f0229250_22195779.jpg

13時30分、私たちもスタートから70㎞、最後の阿川エイドへ。
f0229250_22201244.jpg

ここでは、味噌汁・おにぎり・饅頭をいただきました。
f0229250_22204898.jpg

すると、しんごさんも食事中だったので、ベンチに同席させてもらいました。

ブログはずっと拝見していますが、ゆっくりとお話しするのは初めてでした。
でも、サイクルトレインの出発時間が近づいているので、サポートの御礼を言って先に出発。
f0229250_222174.jpg

13時45分、スタッフの方の誘導で阿川駅へ。
f0229250_222148100.jpg

14時00分、貸切列車が入線。改札口で毛布を受け取り、列車を汚さないように養生します。
2両編成なので、スペースにも余裕があり、JRの職員さんが用意してくれたゴムで固定します。
f0229250_22221154.jpg

出発まで時間があるので、ヘッドマークの撮影大会。
f0229250_22224747.jpg

皆さん、無事に完走した喜びと貸切列車の気楽さで、ちょっとテンション高めでした(笑)
f0229250_22231950.jpg

14時25分、列車が動きだすとスタッフの方が、コーヒーとゆず茶、三猿饅頭を配ってくださいました。
冷えた体に染み渡りますね~、有難いです。

先ほど走った道を眺めていると、14時30分伊上駅に到着。
時間切れの方がここから乗車してきます。
貸切列車なのに、普通の恰好の方が乗車されてびっくりしたら、
雨でDNSしたけど列車には乗車したかったそうで、その気持ち分かります!

ワイワイとお話ししながら列車は進み、絶景ポイントで停車。
写真を撮影していると、ロングコースの方が目の前を頑張って走っているので、
手を振って応援しますが、心の中ではなぜか優越感が(笑)
f0229250_2224153.jpg

山陰本線と分かれる長門市駅では、薩長同盟150年記念列車が停車中でした。
f0229250_22242636.jpg

15時15分、定刻に仙崎駅に到着。毛布などを返却します。
f0229250_22244651.jpg

15時25分、無事にゴール!お疲れ様でした~。
ホッとしたらお腹が空いてきたので、目の前のテントで、鯛めし・焼き鳥を購入。
f0229250_22404426.jpg

先にゴールしたMさんともゴール写真を撮影し、千里さんに御礼と再会を願ってご挨拶。

駐車場に戻ると、車載前にボトルの水をかけて軽く掃除。
16時30分、暗くなる前に、温泉に行きたかったので、会場を後にします。

本当は長門湯本温泉に行きたかったのですが、道を間違えて通過。
17時過ぎに、道の駅蛍街道西ノ市に到着し、まずはお土産をゲット。
温泉にゆっくり浸かり、十分に体を温めて、18時30分に帰路へつきました。

19時、下関のコンビニでコーヒーを買って、高速道路でOさんをお送りし、20時に帰宅。
汚れた自転車のメンテナンスとウエアの洗濯をして、日付が変わる頃にやっと休むことができました。

長門市の皆様、2日間お世話になりました。
第1回のイベントに参加できて、幸せでした。
来年も開催できましたら、また参加したいと思います(^0^)

11月27日の赤キャノサエコちゃん
走行距離   75kmくらい

*濡れてサイコンが不調のため、推測です。
[PR]
by kamesenpapa | 2016-11-29 22:25 | 自転車

11月26日土曜日は、前泊で長門市に入り、前日イベントに参加。
11月27日日曜日は「ながとブルーオーシャンライド with つのしま、トレインコース」に参加してきました。

26日午前9時すぎ、同行していただくOさんのバイクをレガシーに車載して出発。
天気予報によると、27日は確実に雨のようなので、途中のホームセンターで、防水スプレーと防風手袋、
シューズカバー代わりにネオプレーンのソックスを購入。
f0229250_187481.jpg

ちょうどお昼時になったので、「松永軒豊浦ブルーライン店」へ。
f0229250_188488.jpg

快晴の海をながめながら、刺身定食をいただきました。
f0229250_1882337.jpg

国道191号線を北上しながら、明日のコースの下見をします。
阿川エイドへは8%の坂を上らないといけないことが分かり、
27日の本番ではここまでは脚を残さないといけないと思いました。

13時30分、前日イベント会場の「長門シーサイドスクエア」に到着。

早速、千里さんに挨拶。イベントを企画していただきありがとうございます!
明日の受付をしてもらって、ゼッケンなどを受け取ります。
f0229250_1884860.jpg

14時、開会宣言と共に、シマノレーシング野寺監督のトークショーと、
入部正太朗選手、木村圭佑選手によるフォームチェックが同時にスタート。

フォームチェックの受付をしたら、10分後に開始と言われたので、慌ててバイクを準備。
f0229250_1891440.jpg

会場に戻ると、しんごさんから直々にローラーへセットしてもらいます。
恐縮しながら、待っていると入部選手がフォームチェック。

時々、腰が痛くなったり、膝が痛くなりますと伝えると、
やはり自分の体に対しフレームが大きいようで、
1.サドルを下げる。2.ステムを短く。とアドバイスをいただきました。
ただ、10年も乗っているフレームなので、最初は違和感があるだろうから、
様子をみながら徐々に変更しては?とのことでした。

実は、プロもフォームに関しては、かなり個人差があるそうです。
自分が疲れなくて、楽に長く乗れて、早く進むフォームを見つけることが一番大事だそうです。

また、先日落車したのは、フォームが悪いから?と尋ねたところ、そこまで悪くは無いそうで、
ちょっとホッとしました。今後も、下りはしっかり練習したいと思います。

フォームチェック終了後、バイクを車載して、会場に戻るとMさんが登場。
普段、レーパンジャージ姿しか見たことなかったので、私服姿が新鮮でした(笑)

Mさんのフォームチェックを拝見していると、メカニックの黒川さんを発見。
リオオリンピックの裏話やメカのことなど、いろんな質問させていただきました。
とても分かりやすく丁寧に説明していただき、大変勉強になりました。

ふと空を見ると、先ほどまでの快晴から、真っ黒な雨雲が接近中のようなので、
一旦会場を離れて、宿泊先の青海島シーサイドホテルへ。
f0229250_1893716.jpg

雨が降り出す前に荷物を部屋に入れることができてよかったです。

5時すぎにホテルを出発し、夕食を求めて長門市駅前へ。
5時30分、第1候補の「ちくぜん」へ行くも、予約で満席。
すぐに、第2候補の「いさ路」へ連絡すると今なら空席があるそうで、すぐに移動。
f0229250_1895537.jpg

何を食べるか悩みましたが、海鮮丼とイカゲソ天を注文。
びっしり敷き詰められた刺身とサクサクの天ぷらは絶品でした。
実は後で思い出したのですが、3年前にマツケンさん企画で自転車で来たことがありました(笑)
2014年4月の様子は、こちら

満腹になったところで、部屋呑みの買い出しでスーパーフジへ。
たくさん買い込んでホテルに戻ったところで、ヘルメット用のシャワーキャップを買い忘れたことに気づきます。
慌ててダイソーを検索すると、先ほど買い物したスーパーフジの2階にありました。
確か20時まで営業しているはずなので、急いで戻りますが、なぜかダイソーだけが閉店(><)
しかたがないので、ラップを購入して、ホテルへ戻ります。

防水スプレーは屋内では使用禁止なので、ホテルの外でたっぷりと振り掛けます。
部屋では、ネオプレーンのソックスにはさみを入れて、シューズカバーに改造。

これで雨への準備が完了したので、ホテルの大浴場で温泉に入り、ポカポカ。
f0229250_18101776.jpg

パンフレットでルートを確認しつつチューハイを美味しくいただきました。
まるで、座布団のような敷き布団に不安を覚えながら、就寝しました。
[PR]
by kamesenpapa | 2016-11-29 18:10 | 自転車

昨日は、チームセナさんの「耶馬渓紅葉ラン」に飛び入りで参加させていただきました。
前回は2011年11月13日に行っていますので、5年ぶりですね~。
その時の様子は、こちら

前日の土曜日、どうやら風邪の引き始めのようで、頭痛と寒気が収まりません。
市販の風邪薬を飲みつつ仕事をしていると、祝勝会で盛り上がっているヒデさんから、
「車載で行きませんか?」の有難いお誘いメール。
なるべくしゃべらないように仕事を頑張り、早めに切り上げて準備します。

日曜日は6時30分に集合し、マドラーS木さんの車に、ヒデさん&とくさん夫妻と一緒に車載して、
おにぎりでの朝食を取りつつ、7時30分におおもりサイクルに到着。

出発まで時間があるので、セブンでホットコーヒーで体を温めました。
すると、H谷さんとすれ違いお互いびっくり(@@)
f0229250_11583562.jpg

主催のめいぶんさん始め、チームセナの皆様が集まる中、
自走でnossoriさん、AK田さん、T村さん、イッショウさんも登場し、13名で8時におおもりサイクル出発。
f0229250_11585263.jpg

S本さん&めいぶんさんの道案内で、山国川の平成大堰に8時30分到着。
ここで、お久しぶりのけんちゃんさん、KEI-I-CHIさん、サタローさんが合流。
お仕事前にのっぽさんが見送りに来てくださいました。
f0229250_11591238.jpg

16名で川沿いを移動し、9時10分小谷瀬パンに到着。
f0229250_11592579.jpg

クリームパンとソーセージパン、初めてカフェオレをいただきました。

ここからはサイクリングロードを進みます。
紅葉もバッチリで、多くの家族連れでサイクリングする方とすれ違いました。
サイクリングターミナルでトイレ休憩です。
後で知ったのですが、ここでAK田さんがスローパンクだったそうで、チューブ交換したそうです。

沈下橋を渡って、いつもは耶馬溪ダムの右側の劇坂を上りますが、今回初めて県道28号線を進みました。
緩やかな上りの後、堰堤で休憩するかと思っていたら、S木さんが通過。
めいぶんさん、ヒデさんと合流し、適度なアップダウンでスピードが乗ります。
ついつい頑張る区間になり、汗だくで深耶馬渓に到着です。
f0229250_11595234.jpg

先週よりも紅葉が進んだ観光案内所前で、モルガン船長さんが合流し、11時に記念撮影して出発です。
f0229250_120335.jpg

予想通り、一目百景は観光客があふれていますので、写真撮影のみ。
こちらも先週より綺麗な紅葉でした。

玖珠までの緩やかな上りは、苔むした川沿いの景色が大好きなので、ゆっくり進みたかったのですが、
観光バスが近づいてきたので、トンネルまで止まることができず、写真無しで残念(><)
f0229250_1201777.jpg

11時30分、トンネルの先で集合し、下ります。
S木さん曰く「美人カレー」の先を左折し、nossoriさんの案内で裏道を行きます。
先週の高千穂を思わせる林道でしたが、先週よりは傾斜も緩く短めで助かりました。

国道387号は、広くて走りやすいため、ついAK田さん列車に乗車してしまいます。
先日のTD沖縄で3位のご本人は息も乱れず、汗もかいていませんが、私は汗だく(@@)
f0229250_1203649.jpg

11時50分、東奥山七福神の岩を眺めながら紅葉を楽しみます。
f0229250_121228.jpg

上りの途中でヒデさんが本日2人目のパンクだったようで、おしゃべりしながらのんびりタイム。
しか~し、この後のアップダウンは、まるでいつものジェットコースターコースのようでした。
AK田さんに道案内のためもがきつつ、下り恐怖症が頭から消え去るように願いながら、
f0229250_1214498.jpg

懸命に下って、宇佐マチュピチュへ到着。
f0229250_1215768.jpg

12時30分展望台から記念撮影して、国道組と旧道組に分かれて出発。
裏道大好きな私は、落ち葉が積る旧道は楽しかったです。
国道に合流したら、なぜか頑張る区間になって、全員で先頭交代が始まり、
f0229250_1221817.jpg

あっという間に道の駅院内へ。
f0229250_1222679.jpg

到着が13時過ぎと遅かったせいか、ご飯が売り切れのため、だご汁を注文。
先週も食べましたが、身体は温まるし、優しいお出しで美味しかったです。
食後のデザートにH谷さんが唐揚を差し入れしてくださいましたm(__)m
f0229250_122427.jpg

食後に自販機でホットカフェオレをいただいていると、本日3人目のパンクはnossoriさんでした。
さすがの技であっという間にチューブ交換をして再出発。
下り基調でしたが、強い向かい風のため、ゆっくりと先頭交代のつもりでしたが、
皆さん昼食を食べ過ぎたようで、いつの間にかけんちゃんさんと角島ライド以来のランデブーでした(笑)
f0229250_123138.jpg

「まほろばうさ」で休憩&自走組とお別れです。
高速道路沿い~国道10号線から、裏道を案内していただき、
f0229250_1232880.jpg

中津の薦神社前で休憩です。
ここでも数人の方とお別れして、再び向かい風の中、ゆっくり先頭を交代して、
おおもりサイクルに16時5分前に到着でした。

素敵な企画で、先週よりも綺麗な耶馬溪の紅葉を堪能できました。
久しぶりにお会いした方や初めましての方も、大変お世話になりました。
またご一緒できると嬉しいです(^0^)

11月20日の赤キャノサエコちゃん
走行距離    116.51km
平均速度    23.8km
最高速度    61.7km
走行時間    4時間53分
総走行距離   58137km
[PR]
by kamesenpapa | 2016-11-21 12:05 | 出来事

高千穂ライドの続きです。

「天の岩戸神社」を出発すると、「ひむかのくろうま」で有名な神楽酒造の前を通過。
試飲したい誘惑を振り切り下っていると、今回唯一の国道218号を左折。
f0229250_174638100.jpg

すぐに大きなアーチの雲海橋に到着。
f0229250_17465019.jpg

ここも下を見るとキューとなりますね。
f0229250_174732.jpg

橋を渡った「レストラン雲海橋」が今日の昼食会場です。
12時30分と混みあう時間帯でしたが、タイミングよく着席できました。
f0229250_17485067.jpg

ログハウス風の店内に、民芸風な置物、お土産コーナーもある昭和なドライブインで、
おじさんは落ち着きます(笑)
f0229250_17475273.jpg

開店40周年メニューや
f0229250_17481432.jpg

宮崎牛メニューも気になりますが、
f0229250_17483371.jpg

宮崎県を初訪問なので、念願のチキン南蛮定食(胸肉)を注文。
料理が運ばれるまで、同日開催のTD沖縄での皆さんの活躍のお話で盛り上がります。
f0229250_174975.jpg

コーンが入ったご飯、たっぷりの千切りキャベツ、やさしい味の味噌汁、
チキン南蛮は、タルタルソースでなかったので、びっくりしました(@@)
ご飯がお代わりできるそうですが、この後の長い上り坂が頭を横切り我慢しました。

13時30分お店を出発し、しばらく高速を進み、ファミマに入ります。
今後に備えて、チョコパン&バームゼリーを買い込み、眠気覚ましにアイスコーヒーを飲みます。
気温も上がってきたので、アームカバーとレッグカバーを外してスタート。

日之影町から左折して、県道6号線へ。
急坂を下って、巨大な青雲橋をくぐり、川沿いを進みます。
水力発電を横目に、くねくねした道を進みます。
いつ急坂が現れるかドキドキしながらも、2%前後の傾斜の道が続きます。
f0229250_1819765.jpg

戸川岳の麓「石垣の村」に到着です。
f0229250_1819314.jpg

まるでマチュピチュみたいな石垣と倉庫です(@@)
f0229250_18194848.jpg

生活の知恵が詰まったようなエリアなので、今度はゆっくり見学してみたいですね。

ここでチョコパンを補給して、先行する皆様を追いかけますが、
なんだかロッキーさんの様子がおかしいです。ハンガーノックかと思えば、体が重いらしい。。。
しばらく一緒に進みますが、どうも様子がおかしいので、自転車を止めて確認すると、
なんとリアホイールにブレーキシューが当たっているではありませんか(><)
昨日組み上げたばかりの新車ですが、その時とホイールを変えたので、当たったようです。
とりあえずの調整をして、再出発。
f0229250_1820277.jpg

かもしかの森キャンプ場で休憩です。
ヒデさんはロングウエアに対し、とくさんは半そで半パン。
私も今までは半そで半パンでしたが、だいぶ標高が上がったので、
アームカバーとレッグカバーを装着。

時計を見るとすでに16時近くなので、日が落ちてしまう前にできるだけ進みたいのに、劇坂が続きます。
f0229250_18392971.jpg

暗くなる前に紅葉の写真を撮影したかったので、
f0229250_18395421.jpg

先行してヘアピンの先から皆さんをパチパチ。
f0229250_18401960.jpg

f0229250_18421240.jpg

f0229250_18403461.jpg

f0229250_197415.jpg

ここからもうしばらく上ったところにトンネルがあり、杉が越に到着。

下りに備えてウインドブレーカーを着て、トンネルを進みます。
大分県に戻って、紅葉を見ながら進んで、金、銀、銅、錫(スズ)、鉛、亜鉛、ヒ素など多くの鉱物が採取されていた木浦鉱山を通過。ここも気になりますね~。

下っていると、先行された方がビニール袋にジュースを持っています。
どうしたのかと思ったら、地元の方からいただいたそうです。
このカルピスウォーターは、冷えていませんでしたが、上りの途中で何度も助けられました。
もしかして、地元の神様かもしれませんねv(^^)

最後の梅津越は、もう真っ暗で何も見えません。
下る準備でモタモタしている間に一人になってしまい、暗闇の林道を延々ソロで進みます。
集落に出る前にはお墓もあるし、相当怖くて、いつもは鼻歌なのですが、ずっと念仏を唱えながら走りました(涙)
稲積水中鍾乳洞の明かりが見えますが、窓に映る人影が逆に怖かったです。

分かれ道で皆さんが待ってくれていて、合流できた時は本当にうれしかったです。
ここで気が緩んでしまったのか、最後の激坂で腰が痛くなり、足をついてしまいました。
すると、ヒデさん、イボ兄さんも脚が攣ったそうで、3人でコーラを補給して戻りました。

車に積み込んで、大分市内のランプの湯へ。
きつかった一日を思い出しながら、脚や腰をモミモミ。
入浴後の夕食は、疲労回復を願って、
f0229250_18533371.jpg

20時45分とちょっと遅い時間ですが、豚キムチ定食をいただきました。
再び、nossoriさんの運転で送っていただき、23時に帰宅できました。

いや~、期待以上の絶景と想像以上の劇坂に、一生の思い出ができました(笑)
おかげさまで、念願の高千穂を走ることができまたし、最後のコーラが最高でした。

これで、鹿児島県以外の九州各県を自転車で走ることができましたので、
いつか鹿児島県へ行くことができれば嬉しいですね~。

お付き合いいただきました皆様、何度も待っていただきありがとうございました。
またご一緒よろしくお願いします(^0^)/

11月13日の赤キャノサエコちゃん
走行距離   134.41km
平均速度   18.0km
最高速度   54.6km
走行時間   7時間27分
総走行距離  57908km
[PR]
by kamesenpapa | 2016-11-15 18:56 | 自転車

11月12日土曜日は、仕事で中津に行った帰りに、耶馬溪へ紅葉を見に行ってきました。
f0229250_11442640.jpg

まだちょっと早かったですが、混みあう前に見ることができ、ポイントも稼げてよかったです。

その帰り道、マリーさんのお誘いメールに続き、nossoriさんからの有難い電話により、
急遽11月13日日曜日は高千穂ライドに行ってきました。
ルートを拝見すると、35㎞上り35㎞下り、再び30㎞上り10㎞下り、さらに8㎞上りと、獲得標高はなんと約3000m(@@)
覚悟を決めて準備をし、早起きも頑張って走ってきました。

4時にnossoriさんに迎えに来てもらって、行橋でイボ兄さん、築城でいっしょうさんと合流し、東九州道へ。
上毛と別府SAでトイレ休憩。別府でホットコーヒーを買おうとして、間違ってアイスコーヒーを買ってしまい、
幸先悪いスタートになりました(><)

大分米良ICで高速を降りて、国道10号線を進みます。
大分市以南は行ったことが無いので、景色が新鮮です。
6時過ぎ、ローソンで、水とおにぎりセット&ピザまんで腹ごしらえ。
綺麗なバイパスを進んでいると、話に夢中になって出口を間違えて、林道や農道を走り、
やっとのことで集合場所の「道の駅きよかわ」に到着です。
ここで、マドラーS木さん、ヒデさん&とくさん夫妻、ロッキー&マリー夫妻と合流です。
f0229250_11455984.jpg

7時30分、記念撮影をして元気に出発です。
初めての道なので、最後尾で景色を楽しみながら走ります。
f0229250_1146139.jpg

奥嶽橋というアーチ橋です。
f0229250_11462755.jpg

橋の上からの景色は絶景でしたが、下を見ると金〇がキューとなりました(笑)
f0229250_11464337.jpg

途中の道路にはヘリポートが(@@)
f0229250_1146583.jpg

立派な杉が石段の両側にある健男社(たけおしゃ)です。
f0229250_11471172.jpg

看板によると、とても古くからあるようです。
山からの水を飲んでみましたが、まろやかな味がしました。
f0229250_11474022.jpg

川沿いの緩やかな道やアップダウンを繰り返しつつ、紅葉が綺麗で何度も写真撮影タイムで停車しました。
f0229250_11475999.jpg

徐々に高度を上げていくと、
f0229250_11481943.jpg

チラチラと祖母山系が見えてきました。
f0229250_1148361.jpg

全体が見渡せるところで記念撮影です。ここで背負ってきたバックからパンを補給します。
f0229250_11485637.jpg

さらに、祖母山系全体を見ることができる絶景スポットを発見!
この先に、1954年に採掘中止になった「尾平鉱山」があり、錫が採掘されていたそうです。
詳しくは、こちら
f0229250_11494717.jpg

ここからが本格的な登りの始まりです。
f0229250_1150473.jpg

でも、みんなでワイワイ走れば、急坂も楽しいです。
f0229250_1150172.jpg

10時30分には全員無事に、
f0229250_11503748.jpg

標高950mの尾平越に到着です。
f0229250_1150547.jpg

真っ暗なトンネルを通過したら、宮崎県に突入です。
自転車では初めての宮崎県なので、テンションUP!
f0229250_1151766.jpg

下り始めると、今まで走った大分側と異なり、ススキの原っぱが広がります。
f0229250_11512714.jpg

常光寺の滝でも記念撮影です。
f0229250_11525631.jpg

南に入り少し暑い気がしたので、気持ちよかったです。
ヘルメット地蔵を横目に下ると、
f0229250_1151439.jpg

ヒルクライムレースの看板がありました。
コーラを飲みながら、去年参加し見事優勝したマリーさんとロッキーさんに解説してもらいます。
f0229250_1152755.jpg

林道橋では日本一高い「上岩戸大橋」からの眺めは、ドキドキでした。
f0229250_1152269.jpg

田んぼアートでしょうか?ここでもキューとなりました(笑)
f0229250_1710566.jpg

高千穂町に入り、「天安河原」を見学。
f0229250_17111811.jpg

川沿いの滑りやすい岩の上を慎重に進み、大きな穴が開いた場所へ。
f0229250_17121069.jpg

たくさんの積み上げられた石がありました。

12時になったので、最後のパンで補給し、すぐ隣の「天の岩戸神社」へ。
f0229250_17123257.jpg

バイクラックに駐車して、nossoriさんが解説を手配してくださります。
f0229250_1713283.jpg

ご神体の岩戸を拝見しつつ、有りがたい神様になる方法を教えて頂きました(笑)

そろそろお腹も限界なので、昼食会場を目指します。

長くなるので、後半は後程~。
[PR]
by kamesenpapa | 2016-11-15 11:54 | 自転車